2018年度の漢字1文字は「隠」「嘘」?

いつの時代にも、「今の若いもんはなっとらん」と年配の方の口にする決まり文句ですが、最近は、我々いい大人と言われる世代は果たして若い人に胸を張れるでしょうか?森友・加計問題をはじめとする政治家・官僚の隠蔽操作、教育界も然り、全部都合の悪いことは書類がもうないとか、やった覚えがないとか嘘を平気でついたり、公文書を勝手に書き換えたりと不祥事があまりにも目立つ1年です。それに比べ、悪いことをしたときに、日大の20歳のアメフト選手の潔い態度に、いい大人がなくしかけたあるいは忘れかけた謙虚さ・誠実さを若い人たちから教わる今日この頃です。年末に清水寺の管主が選ぶ漢字1文字ですが、小生なら、上半期の段階では隠」か「嘘」の字しか浮びません。 そんな中で、最も明るい話題は海外で活躍されているスポーツ選手、とりわけメジャーリーグで二刀流として大活躍の大谷選手でしょう。野球好き、とりわけメジャーリーグが大好きな小生としては、NHK衛星放送を早起きして、正座してみたりと野茂投手(別掲)の鮮烈な登場、やイチロー選手の安打記録以来忘れかけていた興奮を覚えます。ベーブルース以来誰も成し遂げていない二桁勝利と二桁本塁打を100年ぶりに達成して、いやな気分他すべてを吹き飛ばしてもらいたい。頑張れ、大谷選手!